つらつらと書いた日記

なんとなく思ったことを書いています。

子育ての悩みを本でどうにかしようとしています。

以前書いた 、アドラー心理学の本を読みました。
もっとも100分de名著ではなくて、新書で。

kb-fujii.hatenablog.jp

感想は下記サイトで。

mitayonda-note.site

 

 

そんなわけで、子育ての悩みをアドラー心理学でどうにかしようとは思わなくなり、今はコーチングの本を読んでいます。

今のところ、コーチングの本もピンキリだなっていう感じ。

 

またいい本見つけたいな。

 

お受験の結果

昨日のブログがなにげに1年ぶりの更新だったことに、今更気が付きました。
当時はお受験を決めて、動き始めたあたりだったかと思います。
遠い過去のような気持ちです…。。。

 

さて、気になるお受験の結果は・・・・・・・

合格

でしたーーー。いえー

 

結果出てから、もう半年くらい経ってるので、感動も薄れてしまってますが(苦笑)
合格が分かった時は、抱き合って泣きました。
たぶん、3倍くらいの倍率だったんじゃないかな。
良く受かったなぁーと思います。

 

制服の採寸や説明会でちょこちょこ学校に行ってますが、皆いったいいつまでお受験用の紺スーツ着るの...???
っていうのが、今最大の関心事ですw
私はお受験の時にもヤフオクでやっすいスーツを購入して着用。
それが思い切り夏用だったので、早々に違う洋服で参加しています。寒いし。そもそも、デザインが好きじゃない。
毎回少数派すぎて浮いてますが、気にしない!
いや、気にならんこともないけど、気にしないことにしていますw
一応、紺のワンピースとか、紺のジャケットとかは着用してますよ。

 

お受験の持ち物とか服装とかって、当時いろいろ調べまくったんですが、どれも高い!
しかもどれも好きじゃない!
好きじゃないものにお金を出したくなかったので、結局あんまり買わなかったなぁ。
紺スーツ1着、子どものお受験服2着、カバン、スリッパなどなどあわせても、5万円くらい?
ただ、これが許される校風だったからっていうのは、言っておきます。
私立といっても、地味めの学校です。

 

まぁ、今そんな感じです。
来月には卒園ですので、思いっきり幼稚園を楽しんでほしいなと思います。

インフルエンザ

我が家も子どもたちが立て続けにインフルエンザになり、今週からやっと二人とも学校&幼稚園に行ってくれました。


我が家はここ数年、インフルエンザの予防接種を行っていません。
経済的な理由も大きいですが…
懐が寒くなるわりに、予防接種を受けてもインフルエンザにかかっちゃうっていうのが、最も大きな理由です。
ワクチン接種で症状が軽くなるっていうのも、「そうかな?」ってレベルだし。
いや、実際に軽くなったってお友達もいましたので、個人差のレベルかなー?という感じ。

子どもが通っている幼稚園が、わりと裕福な方が多くて、みんなばっちり予防接種してるんだろうなぁと思い、恥を忍んで数人に尋ねてみました。
すると、意外と予防接種していないママ続出!
中には、予防接種するのやめたら、インフルエンザにかからなくなったという謎現象が起きているご家庭も。なぜw
あと、副反応で体調を崩してしまうという方もいました。
我が家と同じで「高すぎる!」が理由の方もいて、ちょっと一安心。
兄弟の人数×2回ですから、子だくさんだとキツイよね。うんうん。
そして、予防接種受けてる派の方は「インフルエンザならなかったよ!」と、予防が成功しているパターンが多かったですね。うらやましい。
いろいろだなぁ。

 

テレビでいってましたが、インフルエンザの予防に1番効果的なのは手洗いだそう。
「ウチもちゃんとしてたのになぁ…」と思い、子どもたちの手洗いをこっそりチェックしてみたら...
あいつら、手のひらしか洗ってない!!!!!

ってことがわかりました。
意味ないでしょ…。
子どもの手洗いは、大人がそばでチェックした方が良いですよ。

受験のタイミング

幼稚園のバスを待っている時、スマホでこんなニュースを見つけた。

 

news.livedoor.com

「中学受験」でかわいそうなら、「小学校お受験」は…と思いますが、やはり、実母には次女のお受験に関して遠まわしに「かわいそう」と言われました。

ぐんにょりする。

 

この記事は「中学受験」は“進路選択の大きな要素”としていますが、まさにその通りだなと思います。

私が生まれ育った場所には私立の中学校が1校しかないので、必然的に高校受験をする人間が多かったのですが、正直、今は高校受験では遅すぎる印象をもっています。

(もちろん、その土地によります。)

 

長女は公立の小学校に行っていますが、中学受験は絶対にさせます。

次女は現在小学校のお受験めがけて勉強中です。

早い段階で受験をしておけば、付属の高校や大学に入りやすいというのも大きな理由の一つですが、やはり公立の学校では、無難な教育しか受けられないのが一番の理由です。

別に悪くもないけど、良くもないという感じ。

いい意味でも悪い意味でも特徴がなく、みんな同じという事に重きをおく感じ。

私立の学校のカリキュラムを見ていみると、それぞれの学校に魅力的な特徴があります。

小学~中学生という多感な時期過ごすなら、いろいろ体験できる学校の方が楽しそうだなーと思ってしまいます。

私学の偏差値に魅力を感じているというよりは、濃度の高い学校生活を過ごしてほしいのです。

 

早い段階での受験に対して「かわいそう」って思っちゃうのも分かりますけど、もっと長い目でみたら、親が徹底サポート出来る段階で学校決めちゃう方が本人もストレス少ないと思います。

高校、大学受験に関しては、絶対的に完全に本人の本気度のみで勝負しなくちゃいけないんですよ?

中学2年生あたりになって、いきなり「来年受験なんだから、勉強しなさい!」って言ったって、聞くわけないんですから。

自分もそうでしたし、たぶん我が家の娘たちも放っておくとそうなると思います(笑)。

 

子どもの将来を左右する決断なわけですから、「これが正解!」ということはないと思います。

その都度、その子にとってベストな道を応援していくしかないですよね。

そして、早い段階での受験をしている親子に対する「かわいそう」という印象が、いつの日か無くなってくれるといいなと思っています。

絵本の読み聞かせって必要なん?

久々のはてなブログ

2017年初の投稿ですが、やはりつらつらと書いていきたいと思います。

 

我が家には、2人姉妹がいます。

で、長女が赤ちゃんがの際には、そりゃあもう、たくさん絵本の読み聞かせをしていました。

そして、次女には、なんとなくしか読み聞かせをしませんでした。

 

結果、次女が読書家になりました。

長女は絵本嫌いというわけではないのですが、自ら率先して読むことはあまりありません。

次女は放っておいたら、絵本を読んでいます。

時間が空いたら、絵本を読むタイプです。

文字は教える前に、読めるようになっていました。(3歳くらい?)

 

今朝も幼稚園にいく前のわずかな時間、↓このポーズで絵本読んでいました。

f:id:kb-fujii:20170117144627j:plain

ソファでも床でも、大抵このポーズで読んでいて、とてもかわいいです。

 

これで「どう?うちのこ、賢くてかわいいでしょ!?」と言いたいわけではないのです。

むしろ、「なんであんなに絵本を読み聞かせていた長女は絵本を読まないんだ…。」

ということが、言いたいのです。

 

読み聞かせには、親子のふれあいという意味合いもありますが、贅沢を言うなら、本好きに育ってくれるという効果があってもいいと思うんです!

ていうか、それ狙いで読み聞かせがんばっていたのですけど!!!

我が家には「読み聞かせをする=読書家になる」は当てはまらなかったです…。

 

ちなみに、長女は算数の計算は素早く出来ますが、問題文を読み解く力がなさすぎて、しょーもないケアレスミスを連発します。

「どうにかならんか読解力!!!」と思いますが、どうにもこうにも難しい様です。

ラノベとかで十分なので、中学生くらいで読書に目覚めてくれんかな…と期待しています。

 

読み聞かせに多少の疑問を抱きつつ(苦笑)も、今も読み聞かせを続けています。

ただ、今は絵本ではなく星新一さんの小説を少しずつ読んでいるのです。

これには、絵本は自分で読む派の次女も食いついてくれています。

長女は自分ではあまり読まないけど、読み聞かせは大好きなので楽しそうにしています。

まぁ、今のところはこれでええか…と思っています。

 

現在、読み聞かせ中の本です↓

ブランコのむこうで (新潮文庫)

ブランコのむこうで (新潮文庫)

 

 

 

お久しぶりですよ。潰れてましたよ。

がんばって100記事書くぞ!と思ってたわりに、だいぶ休んでしまいました。

まぁまぁ、潰れていました。

下の子をヒステリックに叱ってしまったり、熱を出してしまったり。

つまりは、心身ともに不安定でライティングの仕事をこなすのが精一杯でブログを書く元気が全くなかったといった感じでした。

 

潰れている間にアクセス数が増えたなぁと思ったら、「京都パンフェスティバル」の記事が検索に引っかかったようで。

あんまり肯定的なことを書いていなかったので、ちょっと後悔しています(笑)

もし次回の「京都パンフェスティバル」があれば、リサーチしたあと行こうとは思ってます。

やっぱパン好きだし。

 

ああ、あと、潰れながらも子どもに「全国統一小学生テスト」を受けさせたりはしていました。

一年生でも意外と受けている子が多くてびっくりしました。

帰ってきてからの自己採点は、さらにびっくりするくらい低くて…。

「お前、マジか…」という感じ。

やっぱり、時間が足りなかったそうです。

あと、長い文章が出てきたことで思考が停止した様子。

これから、上がっていけばいいのですよ。点数は。

問題用紙と解答用紙が分かれているのは大丈夫だったか聞くと、練習させてもらえたよう。

一応前日に算数検定の過去問題を印刷して、問題用紙と解答用紙の使い方は説明したけどね。

「全国統一小学生テスト」の過去問題って、PC上でしか解けないらしい。

本番が紙なんだから、印刷できる形式で出来たらいいのに…。

 

そんな感じでした。

まだ風邪の症状は残っていますが、熱は下がっていますのでボチボチ頑張っていこうかと思います。

子育てと家事と在宅ワーク。そして、10月の報酬確定。

主婦の人がwebライティングなどで在宅の仕事をしてる場合、皆さん1日あたりどれくらいの作業時間でされているんでしょうか?

私は今、いろいろ模索中です。

ちょっと前まで、下の子を延長保育に預けていたのですが、受験勉強にあてる時間がなかったので、今は普通に2時過ぎに通園バスで帰ってきます。

なので、昼間の作業時間は10時~14時の間です。

最初はそれでも大丈夫だったのですが、いろいろと間に合わなくなってきたので、最近は子どもが寝た後の22時~1時半くらいも作業をしています。

このブログもこの時間帯に書いています。

ちなみに、子どもたちが帰ってきた後も仕事をしながら勉強を見ているのですが、この時は夫の仕事の手伝いや、ライティングの下準備(参考サイトや資料集め)をしています。

どうも子どもが近くにいると文章が書けなくて…。

どうすれば効率よく動けるのか、集中して作業できるのかが最近の課題です。

基本、ぼんやり生きてきたので、なかなかハードル高めです。

 

さて、10月のWebライティング報酬は、ランサーズも含めて、トータルで2万4千円ほどになりました。

思ったよりいかなかったです…。

3万円いくかと思ってたんですけど、プロジェクト半ばのものもあり、こんな感じでした。

最近少し勢いがなくなってきた気がします。

疲れが出てきて、守りに入っている感じ。

11月は3万超えを目指します。