読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つらつらと書いた日記

なんとなく思ったことを書いています。

受験のタイミング

幼稚園のバスを待っている時、スマホでこんなニュースを見つけた。

 

news.livedoor.com

「中学受験」でかわいそうなら、「小学校お受験」は…と思いますが、やはり、実母には次女のお受験に関して遠まわしに「かわいそう」と言われました。

ぐんにょりする。

 

この記事は「中学受験」は“進路選択の大きな要素”としていますが、まさにその通りだなと思います。

私が生まれ育った場所には私立の中学校が1校しかないので、必然的に高校受験をする人間が多かったのですが、正直、今は高校受験では遅すぎる印象をもっています。

(もちろん、その土地によります。)

 

長女は公立の小学校に行っていますが、中学受験は絶対にさせます。

次女は現在小学校のお受験めがけて勉強中です。

早い段階で受験をしておけば、付属の高校や大学に入りやすいというのも大きな理由の一つですが、やはり公立の学校では、無難な教育しか受けられないのが一番の理由です。

別に悪くもないけど、良くもないという感じ。

いい意味でも悪い意味でも特徴がなく、みんな同じという事に重きをおく感じ。

私立の学校のカリキュラムを見ていみると、それぞれの学校に魅力的な特徴があります。

小学~中学生という多感な時期過ごすなら、いろいろ体験できる学校の方が楽しそうだなーと思ってしまいます。

私学の偏差値に魅力を感じているというよりは、濃度の高い学校生活を過ごしてほしいのです。

 

早い段階での受験に対して「かわいそう」って思っちゃうのも分かりますけど、もっと長い目でみたら、親が徹底サポート出来る段階で学校決めちゃう方が本人もストレス少ないと思います。

高校、大学受験に関しては、絶対的に完全に本人の本気度のみで勝負しなくちゃいけないんですよ?

中学2年生あたりになって、いきなり「来年受験なんだから、勉強しなさい!」って言ったって、聞くわけないんですから。

自分もそうでしたし、たぶん我が家の娘たちも放っておくとそうなると思います(笑)。

 

子どもの将来を左右する決断なわけですから、「これが正解!」ということはないと思います。

その都度、その子にとってベストな道を応援していくしかないですよね。

そして、早い段階での受験をしている親子に対する「かわいそう」という印象が、いつの日か無くなってくれるといいなと思っています。

広告を非表示にする

絵本の読み聞かせって必要なん?

久々のはてなブログ

2017年初の投稿ですが、やはりつらつらと書いていきたいと思います。

 

我が家には、2人姉妹がいます。

で、長女が赤ちゃんがの際には、そりゃあもう、たくさん絵本の読み聞かせをしていました。

そして、次女には、なんとなくしか読み聞かせをしませんでした。

 

結果、次女が読書家になりました。

長女は絵本嫌いというわけではないのですが、自ら率先して読むことはあまりありません。

次女は放っておいたら、絵本を読んでいます。

時間が空いたら、絵本を読むタイプです。

文字は教える前に、読めるようになっていました。(3歳くらい?)

 

今朝も幼稚園にいく前のわずかな時間、↓このポーズで絵本読んでいました。

f:id:kb-fujii:20170117144627j:plain

ソファでも床でも、大抵このポーズで読んでいて、とてもかわいいです。

 

これで「どう?うちのこ、賢くてかわいいでしょ!?」と言いたいわけではないのです。

むしろ、「なんであんなに絵本を読み聞かせていた長女は絵本を読まないんだ…。」

ということが、言いたいのです。

 

読み聞かせには、親子のふれあいという意味合いもありますが、贅沢を言うなら、本好きに育ってくれるという効果があってもいいと思うんです!

ていうか、それ狙いで読み聞かせがんばっていたのですけど!!!

我が家には「読み聞かせをする=読書家になる」は当てはまらなかったです…。

 

ちなみに、長女は算数の計算は素早く出来ますが、問題文を読み解く力がなさすぎて、しょーもないケアレスミスを連発します。

「どうにかならんか読解力!!!」と思いますが、どうにもこうにも難しい様です。

ラノベとかで十分なので、中学生くらいで読書に目覚めてくれんかな…と期待しています。

 

読み聞かせに多少の疑問を抱きつつ(苦笑)も、今も読み聞かせを続けています。

ただ、今は絵本ではなく星新一さんの小説を少しずつ読んでいるのです。

これには、絵本は自分で読む派の次女も食いついてくれています。

長女は自分ではあまり読まないけど、読み聞かせは大好きなので楽しそうにしています。

まぁ、今のところはこれでええか…と思っています。

 

現在、読み聞かせ中の本です↓

ブランコのむこうで (新潮文庫)

ブランコのむこうで (新潮文庫)

 

 

 

お久しぶりですよ。潰れてましたよ。

がんばって100記事書くぞ!と思ってたわりに、だいぶ休んでしまいました。

まぁまぁ、潰れていました。

下の子をヒステリックに叱ってしまったり、熱を出してしまったり。

つまりは、心身ともに不安定でライティングの仕事をこなすのが精一杯でブログを書く元気が全くなかったといった感じでした。

 

潰れている間にアクセス数が増えたなぁと思ったら、「京都パンフェスティバル」の記事が検索に引っかかったようで。

あんまり肯定的なことを書いていなかったので、ちょっと後悔しています(笑)

もし次回の「京都パンフェスティバル」があれば、リサーチしたあと行こうとは思ってます。

やっぱパン好きだし。

 

ああ、あと、潰れながらも子どもに「全国統一小学生テスト」を受けさせたりはしていました。

一年生でも意外と受けている子が多くてびっくりしました。

帰ってきてからの自己採点は、さらにびっくりするくらい低くて…。

「お前、マジか…」という感じ。

やっぱり、時間が足りなかったそうです。

あと、長い文章が出てきたことで思考が停止した様子。

これから、上がっていけばいいのですよ。点数は。

問題用紙と解答用紙が分かれているのは大丈夫だったか聞くと、練習させてもらえたよう。

一応前日に算数検定の過去問題を印刷して、問題用紙と解答用紙の使い方は説明したけどね。

「全国統一小学生テスト」の過去問題って、PC上でしか解けないらしい。

本番が紙なんだから、印刷できる形式で出来たらいいのに…。

 

そんな感じでした。

まだ風邪の症状は残っていますが、熱は下がっていますのでボチボチ頑張っていこうかと思います。

子育てと家事と在宅ワーク。そして、10月の報酬確定。

主婦の人がwebライティングなどで在宅の仕事をしてる場合、皆さん1日あたりどれくらいの作業時間でされているんでしょうか?

私は今、いろいろ模索中です。

ちょっと前まで、下の子を延長保育に預けていたのですが、受験勉強にあてる時間がなかったので、今は普通に2時過ぎに通園バスで帰ってきます。

なので、昼間の作業時間は10時~14時の間です。

最初はそれでも大丈夫だったのですが、いろいろと間に合わなくなってきたので、最近は子どもが寝た後の22時~1時半くらいも作業をしています。

このブログもこの時間帯に書いています。

ちなみに、子どもたちが帰ってきた後も仕事をしながら勉強を見ているのですが、この時は夫の仕事の手伝いや、ライティングの下準備(参考サイトや資料集め)をしています。

どうも子どもが近くにいると文章が書けなくて…。

どうすれば効率よく動けるのか、集中して作業できるのかが最近の課題です。

基本、ぼんやり生きてきたので、なかなかハードル高めです。

 

さて、10月のWebライティング報酬は、ランサーズも含めて、トータルで2万4千円ほどになりました。

思ったよりいかなかったです…。

3万円いくかと思ってたんですけど、プロジェクト半ばのものもあり、こんな感じでした。

最近少し勢いがなくなってきた気がします。

疲れが出てきて、守りに入っている感じ。

11月は3万超えを目指します。

京都パンフェスティバルに行ってきました。

今日は、上賀茂神社へ「京都パンフェスティバル」に行ってきました。

京都はパンの消費量が日本一だそうで。

確かにパン屋さん多いです。

我が家もパン屋さんを良く利用します。

 

kyoto-np.jp

前回も行きたかったんですけど、何かの用事と重なってしまって行けなかったんです。

今日はついに行ける!と喜び勇んで行ってきました。

 

イベント自体は、うーん正直微妙…でした。

 

行った時間(ちょうどお昼頃)も良く無かったのかもしれないですが。

まず、出店数が少ない!!

ちなみに半数ぐらいがホテルの出店でした。

そして列が長い!

ほとんどのテントに長蛇の列ができていました。

さらに、列に並ばないとパンが並んでいるテントに近づけないので

何が売っているのか分からない・・・

これが致命的で…並んでいる人たちはどんなパンが売っているのか、何で知っているんだろう…という感じ。私が情弱なだけかもしれませんが。

チラシを見ても、各店舗目玉商品が1種類だけ掲載されているだけで、他にどんなパンを持ってきているのか、私にはわかりませんでした。

その1種類のために並ぶ情熱はなかったので、並んでいないテントで数種類パンを買いました。

 

しかも聞いてしまったんです。

「次のいつ届くの!?」とコソコソ相談している列を整理中のスタッフさんの声を(苦笑)

つまり、並んでいる人がたくさんいるのは、次に届くパンを待っているからだったみたいで。

まぁ、その一言だけだったので、違うかもしれません。あくまでも、私の推測です。

もし、次のパンを待っている状態なら、それは列の後ろの方の人は知ってるんかな?

もやもやしてしまいました。

 

そして、パンなのでもちろんその場で食す人も多く、パン屋のテント以上に列が長かったのが、イノダコーヒーのテントだったりしたのはおもしろかったですね。

京都はコーヒーの消費量も日本一です。

そんな京都市民に対してコーヒーのテントが1つだけだったので、そりゃそうだという感じ。

今日は寒かったので、なおさらホットコーヒーが恋しくなりましたしね。

次回があるなら、是非コーヒーのテントももっと増やしてほしいです。

小川珈琲とかマエダコーヒーとかダメですかね?

ちなみに、あと飲み物系では伊藤園が出店してました。

それから、同時開催でお茶席もありました。

 

パン屋さんも、ご夫婦でしてる小さなお店とかは出店が難しいかもしれませんが、まだまだ出店できそうなお店は多いだろうに、やっぱり物足りなさを感じました。

お店が増えれば、列も分散出来るかもしれないのは甘い考えかもしれませんが。

もうちょっと、それぞれの店舗がどんなパンが売っているのか見たかったなぁ。

 

それから、何か引換券みたいなものを貰ったのですけど、これは抽選かなにかで使えるんでしょうかね?

お客さんが多いので、貰ったお店の方にも聞けず…。

本部テントにもすごい列が出来ていたので、たぶんその券を持っていけば何か出来るんでしょうけど。

チラシにもサイトにも

抽選会など、お子さま向けの企画も楽しめます! ※景品の数には限りがございます。

この文言が書いてあるだけで、情報がない…。

抽選で何がもらえるんだかわからないんですが。景品って、何?

そして抽選会“など”って、抽選とどんなお子様向け企画があったんだろう。

お子様連れだったので気になります。

ですが、お子様連れなのであまり長蛇の列には並びたくありません…。

どこかに書いてあったのかな?やっぱり私が情弱なだけかもしれません。

 

そんな訳で「結構パン好きだし、ちょっとパンを買いに行ってみよう」くらいの意気込みでは、このイベントの魅力は半減してしまうようです。

しっかり出店するパン屋のことを研究してから、目ぼしいお店をピックアップしてお出かけするのがおすすめです。

数人で行って、手分けして並ぶという手段も有効かと。

コミケ的な買い方ですね。

 

本当はその場でパンを食べようかと思って行っていたのですが、寒かったのとやっぱりホットコーヒーが欲しかったので(自分のコーヒーのために子どもと並ぶのは気が引けます…)、帰宅してから食べました。

実はこの帰宅後食べるで正解でした!

長時間外気にさらされていたので、パンが冷たいのなんのって。

硬くなってるし。

温めたらホカホカのフワフワになりました。

数軒で購入しましたが、その中でもウェスティン都ホテルのフォカッチャは最高においしかったです!

手がとまらないおいしさのパンに出会ったのは、久しぶりでした。

子どもたちも上賀茂神社に行けて楽しかった上に、おいしいパンが食べられたので満足していました。

よかったよかった。

 

テントに並ぶ長蛇の列を目の当たりにしたときはどうしようかと思いましたが、おいしいパンで気持ちは満足しました。

ですが、次回以降があるなら、前準備がないお客さんでも楽しみやすい運営をしてくれるといいなぁと思いました。

 

※2016年10月31日に一部書き直しました。

子育てに悩んでいる最中、100分de名著でアドラーに出会ってしまいました…

お昼ごはんの時テレビをつけたら、Eテレで『100分de名著』をしていたので、観てたら予定より長めのランチタイムになってしまいました。

『100分de名著』は好きな番組なんですが、なかなかすべての回を観れないんですよね。

今日は「アドラー 人生の意味の心理学」の最終回でした。

 

アドラー心理学」の本は本屋で良く出回っているし、ネットでも良く目にしていたので、あえて気にしないようにしていました(流行りものは見ないという中二病的なやつです)が、ちょっと、本読んでみようかなという気になってきました。

うーん、初回放送から見たかったなぁ。

今日の放送を見る限りでは、心理学というかちょっと哲学っぽい印象を受けましたが、実際はどんなものなんでしょうかね。

人生の意味がテーマだからかな…?

ひとまず、100分de名著のアドラーのテキストを購入してから、岸見先生の書籍に手を伸ばしてみようかなと思います。

ハマれば、アドラーの著書にも…理解できるか不安ですが。

今回の指南役、岸見一郎先生は哲学者なんですね。

 

今日のお話の中で、子育てにも役立つような言及がありました。

それでちょっと、さっそく実践してみたんですが速攻で無理でした(笑)

怒らなくはなったんですが、褒めないっていうのが難しい!

「「ありがとう」という言葉でいいんですよ」と仰っていたけれど、例えば、ものすごく上手な絵を描いて見せてくれたとき、「ありがとう」ってどう使えばいいんだろう...。

「上手な絵を見せてくれて、ありがとう」?

ちょっと夢見がちなコメントしか思いつきませんでした。

褒めない理由として、いくら子どもといえども、ひとりの人間としては対等の立場だから褒めるというのは失礼じゃないかということを挙げていらっしゃいました。

なるほどねーとも思うのですが、やっぱり上手な絵だったら「上手だね!」って言っちゃいますよ。

だけど、これが例えばお姑さんでも「お上手ですね!」と言うと思うんですよね…。

それとも上手な絵を見て「上手だね」というのは、ただの感想だから褒めるのとは違うのかな?

「上手だね~!さすが!よ、天才画伯!!」みたいになると、褒めるって感じでしょうか?

うーん…やはり、あの放送だけではいまいち理解出来てない様です。

本買います!

 

アドラー『人生の意味の心理学』 2016年10月―2016年2月の再放送 (100分 de 名著)

アドラー『人生の意味の心理学』 2016年10月―2016年2月の再放送 (100分 de 名著)

 

今シーズン初さんまを食べました。

いや、本当に日記みたいなタイトルですが、さんまおいしかったです。

秋ですね。

 

 

他に、何もなかった一日だったのかというと、

子どもを怒ってしまったり、怒鳴ってしまったりしてしまいました・・・。

 

泣かせてしまった――――!

 

感情的になりすぎました。

自己嫌悪の嵐です。

やむことのない嵐です。

もう、本当になにやってるんだろう。

しっかりしなければ!

 

ガッキーを見て、少し落ち着きました。

「テレビを観て落ち着くなんて、何ふざけたこと言ってるんだ!子どもを泣かせたくせに!」と言われてしまいそうで、びくびくしますけど。。。

テレビでも観て、気持ちを切り替えなくては毎日が過ごせません。

お母さんになっても、明日が来るのが怖いと思う日が無いわけではないので。

本でもテレビでも、無心になれるものがあるなら、いったん逃げないと潰れてしまいます。

 

実は下の子が赤ちゃんの時に、育児カウンセリングに行ったことがあります。

とにかく、上の子との関わり方が分からなくて、このままだと子供に精神的な虐待をしてしまうんじゃないかと思った時期があって。

感情がおさまらないんですよね。ザ・ヒステリックな感じ。

色々(ほぼ愚痴)聞いてくださった後、カウンセラーさんが「お母さんは、子どものことを真剣に考えていらっしゃるだけですよ」と一言。

「そうかー!考えすぎてただけかー!」と、単純にも心がスっと楽になりました。

そして、少し手抜きするくらいでいいという事、ひどくなる前に夫に預けるなどして、子どもと離れる時間を作る事を提案してくれました。

それ以来、「やばい」と思ったら子どもから意識も体も離れる時間を作るようにしてきました。

ただ、最近は次女のお受験問題で、いっしょにいる時間が長くなり、密度も濃くなっていたので、ついに爆発してしまいました。

長い時間一緒にいると、子どもの悪いところばかり見つけてしまうんですよね。なぜか。

だから、今日の夜はガッキーのおかげで子どもから意識が離れられたので助かりました。

ありがとう。ガッキー。

明日の朝には、やさしいお母さんでもないけど、普通なお母さんに戻っていられそうです。