つらつらと書いた日記

なんとなく思ったことを書いています。

ランサーズの評価が、自分がそうじゃないかと思っていたことにドンピシャすぎてヘコんだ

ランサーズに登録をして、順調に進んできました。

目標である、1カ月3万円も達成しそうな気配です。

しかし、先週急に文章が書けなくなる状況になって、うすうす気がついてはいたのですけど、

 

kb-fujii.hatenablog.jp

 

どうも文章制作能力の引出しを全部使い切ったようです。

 

早くないですか?

自分でもびっくりです。

せめて3か月はいこうよ。。。

 

きっかけは1500文字以上の依頼を引き受け始めたことじゃないかな、と思っています。

最初、それこそタスクしかしてない時は、600文字が一番多かったんじゃないかな。

プロジェクトに提案するのも、なるべく1000文字以下のものに抑えてました。

実は、長文を書くのがすごく苦手なんです。

大学の卒論も最低枚数で提出するほど。

ただ、そうなってくると提案できる案件が減っていくんですよね。

そこに、ちょっと面白そうな案件が出て来まして、それが1500文字以上だったんですよ。

 

それで、「いや、たかだか1500文字じゃん」と思い、思い切って提案。

見事当選!

わーい。

意外と1500文字でも無理なく書けた!

納期前に納品!

プロジェクト完了!

報酬支払完了!

 

と、ここからが衝撃で。

すべてが終わった後にクライアントとランサーが評価し合うのですが、特にやり取りに問題が無ければ大体すべて☆5つになるんです。

それなのに、「品質」が☆4つでした…。

もうね、えええ~ですよ。

メッセージも「納期より早かった」ことのみ褒められてるし。

正直言うと、「言ってよ~」という感じでした。

修正依頼が5本中1本しかなくて、それもちょっと単語の一つを言い換えてくらいの修正内容だったので、品質には特に問題なかったんだと思い込んでました。

初めてのクライアントに初稿を見せる時が一番ドキドキする瞬間で、いつも「全然ちがう!」と突き返されるんじゃないかとビクビクするんです。

それが、今回は1本以外すべて一発OKだったので、まさかの展開でした。

あわよくば、継続依頼が来るんじゃないかとまで思ってたのに(苦笑)

 

ですが、この評価をもらって時間が経つと、なんとなくその評価に納得している自分もいるんです。

先週、なんだか文章を書いても書いてもしっくりこなくなってて、無理やりネタをもってきてくっつけて…みたいな荒い文章が出来てた気がします。

気持ちが焦っていたんですよね。

子どもたちがいない間に集中して書かなきゃとか、長文への苦手意識とかで。

そこに、おもしろく書こうとか、有用な情報を載せようという意識がなかったのかもしれません。

 

今回は書いてるうちに「あれ?今何書こうとしたんだろう?」みたいな意識のトリップのような状態が続いてて、どんどん書けなくなったんです。

これは、「ネットで調べたことをまとめ上げて、自分の文章にする」能力がショートしてしまったのが原因だと思います。

Webライティングは自分の知識も必要ですが、ネットで調べて情報を保管していくことも重要な能力の一つです。

それができなくなったんですよね。

いろいろな文章を読んでるうちに、何を書けばいいのか整理しきれなかったんです。

それで、なおさらごちゃごちゃして。

 

そんなわけで、先週納品したものは「完璧」ではなかったので、品質が悪かったと言われれば、否定ができないのです。

本当は、自分でも納品した時にうっすら気がついてはいたのかもしれません。

クライアントさんには申し訳ないことをしてしまいました。

今後は気をつけよう。

 

ですが、分かって良かったことも一つ。

1500文字なんて、全然へでもなかった。

2500文字くらいまでなら、無理なく書けそうです。

5000文字は厳しそう(笑)

 

たぶん根本的な原因は前回も書いたように「インプット不足」だと思います。

週末は、ライティングをお休みして本を読んだり出かけたりして、いろいろ吸収してきました。

少しは復活してるはずです。たぶん。

今週も元気にがんばろうと思っています!

ただ、☆4つが一つでもあると(しかも品質)、提案承認されづらくなるんだろうな~という憂いはあります(苦笑)