つらつらと書いた日記

なんとなく思ったことを書いています。

今シーズン初さんまを食べました。

いや、本当に日記みたいなタイトルですが、さんまおいしかったです。

秋ですね。

 

 

他に、何もなかった一日だったのかというと、

子どもを怒ってしまったり、怒鳴ってしまったりしてしまいました・・・。

 

泣かせてしまった――――!

 

感情的になりすぎました。

自己嫌悪の嵐です。

やむことのない嵐です。

もう、本当になにやってるんだろう。

しっかりしなければ!

 

ガッキーを見て、少し落ち着きました。

「テレビを観て落ち着くなんて、何ふざけたこと言ってるんだ!子どもを泣かせたくせに!」と言われてしまいそうで、びくびくしますけど。。。

テレビでも観て、気持ちを切り替えなくては毎日が過ごせません。

お母さんになっても、明日が来るのが怖いと思う日が無いわけではないので。

本でもテレビでも、無心になれるものがあるなら、いったん逃げないと潰れてしまいます。

 

実は下の子が赤ちゃんの時に、育児カウンセリングに行ったことがあります。

とにかく、上の子との関わり方が分からなくて、このままだと子供に精神的な虐待をしてしまうんじゃないかと思った時期があって。

感情がおさまらないんですよね。ザ・ヒステリックな感じ。

色々(ほぼ愚痴)聞いてくださった後、カウンセラーさんが「お母さんは、子どものことを真剣に考えていらっしゃるだけですよ」と一言。

「そうかー!考えすぎてただけかー!」と、単純にも心がスっと楽になりました。

そして、少し手抜きするくらいでいいという事、ひどくなる前に夫に預けるなどして、子どもと離れる時間を作る事を提案してくれました。

それ以来、「やばい」と思ったら子どもから意識も体も離れる時間を作るようにしてきました。

ただ、最近は次女のお受験問題で、いっしょにいる時間が長くなり、密度も濃くなっていたので、ついに爆発してしまいました。

長い時間一緒にいると、子どもの悪いところばかり見つけてしまうんですよね。なぜか。

だから、今日の夜はガッキーのおかげで子どもから意識が離れられたので助かりました。

ありがとう。ガッキー。

明日の朝には、やさしいお母さんでもないけど、普通なお母さんに戻っていられそうです。