つらつらと書いた日記~低コスト受験を目指す~

なんとなく思ったことを書いています。最近は、長女(小3)の中学受験のことばっかり考えていて、日常生活に支障をきたしています(;´・ω・)

1年生のお勉強

1年生の次女のお勉強は、ひとまず放っておくぜ!とか言いつつ、一応毎日させています。

疲労困憊の日以外は。

まだ、ときどき「すやすやお昼寝タイム」が必要な時があるので、そういう時は宿題だけにしておきます。

 

現在、次女は家庭学習で『ハイレベ100小学1年さんすう』をしています。

(国語は『ハイレベ100小学1年こくご』と漢字の書き取り)

 

次女のお勉強で困ること、、、それは文章題です。

読解力はある方かなと思っていたのですが、算数の文章題になると、よくわからない思考をしはじめます。

どう言ったらいいのかわかりませんが、

「ものっすごく小さくて、内容に関係のないところを気にし始めて、最終的に何を問われている問題なのかわからなくなる。」

という、どうしたらいいのかわからない状態になります。

思考の迷路ですよね。

こうなってくると、こっちもどう導いていけばよいのか分かりません。

簡単な文章題なら、大丈夫なんですけどねー。

親も試行錯誤中です。

 

長女も、1年生の時はこんな感じだったかなー。

最近は、自力で考える力が付いてきた気がします。

毎日の積み重ねが、実を結んできたのかもしれません。

 

 

↑難しすぎず、簡単すぎない、ちょうどよいバランスの問題集。

問題数が多いのに、1,000円以下のコスパの良さも大好きです(笑)